若年性認知症について

 若年性認知症とは、65歳未満で発症する認知症の事を言います。
 高齢者の認知症ではアルツハイマー病がおおよそ半数を占めるのに対して、若年性認知症では、脳血管障害、アルツハイマー病、次いで頭部外傷後遺症、前頭側頭型認知症、アルコールに関連した認知症、レビー小体型認知症など疾患の構成が高齢者の認知症とは異なります。

 若いので、認知症の症状が現れても「うつ」や他の病気と判断されがちです。
 生活や仕事に支障を生じても、なかなか認知症とは結びつかず、「何か変、今までと違う」と本人も周囲も悩みながら原因がわからない状態が続き、診断や治療が遅れてしまいがちとなります。

 本人の残された能力を活かし、少しでも進行を遅らせ、本人と家族へのサポート体制を整えるためにも早期に診断を受け治療を開始することが大切です。
「何か変、今までと違う」と感じたら、まずは、専門医に受診してください。

 そして、これからの事を一緒に考えましょう!! 

このページの先頭へ