患者の皆様の権利

  • 1.患者の皆さまは、個人的な背景の違いや病気の性質にかかわらず、人権を尊重した良質で最適な医療を継続して受けることができます。

  • 2.患者の皆さまは、医療の内容、その危険性及び回復の可能性についてご自身が理解できる言葉で説明を受け、それを十分納得して同意したのちに医療を受けることができます。ただし、必要に応じて主治医の判断で家族、代理の方にお話する場合もあります。

  • 3.患者の皆さまは、今受けている治療、処置、検査、看護、食事その他についてご自分の希望を申し出ることができます。

  • 4.患者の皆さまは、他の医療機関を受診あるいは転院する場合には必要な情報を受けることができます。

  • 5.患者の皆さまは、生活の質を維持・向上していくために、適切な社会資源を活用する方策について十分に相談することができます。

  • 6.患者の皆さまの医療上の個人情報は保護されます。

  • 7.患者の皆さまに研究途上にある治療をおすすめする場合には、治療の内容や予想される危険性、従来の治療方法との違いなどについて、前もって十分な説明をします。

  • 8.患者の皆さまには、これまでにかかった病気、通院や入院の状況、使用した薬などの自身の健康状態に関わる情報を提供していただく責任があります。

  • 9.患者の皆さまには、医療従事者と協力して積極的に医療に参加し、病院の規則や主治医の指示を守り他の患者の皆さまの医療に支障を与えないよう配慮していただく責任があります。

このページの先頭へ