ご挨拶

 

 我が国は、これまで幾多の困難を乗り越え高度経済成長期、バブル経済期等を経て目覚ましい発展を遂げました。それは、地域の相互扶助や家族同士の助け合いの精神と最後までやりぬくという気概で、国民の誰もが豊かさと便利さを手に入れました。今や、テクノロジーの進化は、凄まじいものがあり一瞬にして全世界のあらゆる情報が得られる時代となりましたが、人と人の繋がりである「絆」の意識が求められています。
 一方、我が国は平均寿命・健康寿命が世界一の長寿社会を迎えておりますが、人生の最期まで健康であり続けたいという願いは、万国共通です。そうした中、社会の仕組みを少子高齢化と人生百年時代に対応するため、高齢者から若者までが安心できる全世代型社会保障改革が進められています。それは地域の人と人、資源と社会が世代や分野を超えて繋がる地域共生社会の実現にあると考えます。
 こうした中、青祥会は、質の高い医療・介護サービスを一体的に提供する仕組みとしての「青祥会ケアシステム」の構築を目指し、平成三十年度から三年計画の第二期中期経営計画「健全経営の推進」を地域医療・地域福祉の発展のために推進して参ります。また、国においては、一億総活躍社会の実現に向けて働き方改革が進められていますが、青祥会では、平成二十八年より二年余り検討を進めて参りました新人事制度が、平成三十一年一月からスタートします。今回の改革は、十年来の大きな制度改革であり、ワークライフバランスの取れた働きやすい職場環境づくりを目指します。
 また、経営の基本である青祥会の「理念」と事業推進の基本理念としての「和顔愛語」の心を大切にし、社会福祉法人としての社会的役割と使命を果たしていくとともに、健全な組織運営を推進して参ります。
 また、地元加田地区の地主の方々が、先祖代々から引き継がれ大切に守り続けてこられました「和田(わんだ)の森(もり)」については、次の世代が希望を持って活躍できる場や健康づくり対策とするなど、地域の活性化や地域づくり等有効活用に資するための検討を進めて参ります。
 平成三十一年は、新たな元号が始まる年です。さらに大きく飛躍する年として、次の五つの重点項目を掲げ、事業運営に取り組んで参りますので、皆様方の深いご理解とご協力、ご尽力をお願いいたします。

1. 医療・介護サービス向上の取組

 青祥会ケアシステム(認知症ケアシステムを含む。)は、高齢者や精神障害者等が、要介護状態になっても住み慣れた地域で相互に助け合い、安心して暮らしていける地域包括ケアの仕組みとして、地域の特性や資源等を活かし全組織・全職員が一丸となって構築して参ります。また、患者・利用者様の心身の機能回復、重度化防止等自立支援に努め、更には権利擁護と虐待防止の取組み等質の高い医療・介護サービスの提供に努めます。

2. 地域貢献活動の取組

 公共性の高い社会福祉法人としての青祥会は、少子高齢化・人口減少等社会情勢が大きく変化している中、複雑・多様化する地域ニーズ・課題を的確に捉え、社会の幅広い層と力を合わせ、法人・病院・施設・事業所単位で様々な地域貢献の取組みを進めます。また、引き続き小・中学生等に対する介護・福祉等の出前講座を精力的に実施し、次世代の人材育成の重要性を広めて参ります。

3. 人材の確保・育成の取組

 人材の確保と育成は、医療・介護サービス提供の事業継続には、極めて重要な課題であり、次なる時代を切り拓く原動力です。そのために、今後を見据えた外国人労働者の人材確保、また、法人の枠を超えた地域全体の育成の取組みも進めて参ります。また、業務改善・業務改革や多様で柔軟な働き方改革、更には互いに切磋琢磨しながら自らの持てる力を存分に発揮し、達成感が得られる仕組みとしての新人事制度の柔軟な運用に努めて参ります。

4. 組織強化の取組

 看護介護記録・請求業務「ちょうじゅシステム」等の電子化は、これまでの推進を踏まえカスタマイズ等の機能強化を図るとともに、IT化による青祥会全体の連携の推進を図ります。また、広報誌「かしょう(嘉祥)」を初めとして、様々な情報を発信するための戦略的な広報活動に努めます。更には青祥会ケアシステム推進のため、在宅部門の組織の一層の体制強化を図ります。

5. 経営基盤充実の取組

 事業費・光熱水費等の経費削減と各部門の稼働率向上対策、更には業務の効率化等を図り、サービス活動収支比率二%以上の収益確保の確立を目指します。また、人事・給与・勤怠管理システムの電子化と時間管理・労務管理の徹底に努め事務の効率化の推進を図ります。更には社会ニーズに対応した各施設・設備の大規模改修等を計画的に進めて参ります。

 以上を実践することにより、地域における医療・介護・福祉の発展に貢献するとともに、社会福祉法人としての役割・使命を果たしていきます。皆様方の今後ますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。

平成31(2019)年2月 
社会福祉法人 青祥会
理事長 畑下 嘉之

このページの先頭へ