ご挨拶

 

 令和元年5月1日に徳仁親王が新天皇陛下に即位され、新しい令和の時代が幕を開けました。令和元年10月22日には、新天皇陛下が国の内外に即位を宣明する「即位礼正殿の儀」が執り行われ、「憲法にのっとり、国民に寄り添う」と誓われました。令和は、日本古来の万葉集から初めて採られた元号であり、人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り拓いていくという思いが込められています。また、令和の時代は、世界と共に発展する時代であり、先人が築いてきた歴史と文化を大切にし、日本の新たな国づくりや地域づくりを、全ての国民が主体となってそれぞれに責任を持って活躍する時代であります。
 それは、人生百年時代という超高齢社会を迎えるに当たり、国民の誰もが住み慣れた地域で、共に手を取り、共に助け合い、共に安心して、いつまでも元気で健康ないきいきとした日々の暮らしができる共生社会を創り上げていく時代であると考えます。
 こうした中、青祥会は、地域ニーズを的確に捉え、地域の実情に応じて医療・介護・福祉サービスを包括的に提供する仕組みとしての「青祥会ケアシステム」の構築を目指しています。一昨年度からスタートしました第二期中期経営計画も三年目の仕上げの年として、セフィロト病院や施設・事業所単位で活動(行動)計画を着実に推進ししっかりと成果を生み、地域医療・地域福祉の発展に尽力して参ります。
 また、創立以来掲げて参りました青祥会の「理念」と事業推進の基本理念である「和顔愛語」の心を大切にし、公共性の高い社会福祉法人として、その役割と使命を果たして参ります。
 また、今年は、東京オリンピック・パラリンピックが、200を超える国や地域の参加により日本で開催されます。スポーツは、世界共通の文化の一つであり同一ルールのもと相互に競い合い、世界の国と国・人と人との交流が深められ、多くの感動と夢を与えてくれます。東京大会を通して世界のさらなる国際友好や親善、心身の健全な育成、また経済の発展等が図れることを祈念しております。
 令和二年は、青祥会にとりまして、さらに大きく飛躍する年として、次の五つの重点項目を掲げ、全身全霊で事業運営に取り組んで参りますので、皆様方の深いご理解とご協力をお願いします。

1. 医療・介護サービス向上の取組

 地域の誰もが、可能な限り住み慣れた地域で安心して暮らしていける地域包括ケアとしての「青祥会ケアシステム(認知症ケアシステムを含む。)」は、全職員がそれぞれの役割と責任を持って構築して参ります。また、患者・利用者に質の高いサービスの提供を図るため、医療・介護の安全と事故防止・感染症の蔓延防止・食中毒の防止対策やリスクマネジメントの徹底に努めて参ります。

2. 地域貢献活動の取組

 社会福祉法人の公益性と非営利性をしっかりと認識し、セフィロト病院・各施設・各事業所で職員一人ひとりの創意工夫による貢献活動を実施し、地域と共に歩み地域から親しまれる病院・施設を目指します。また、これからも引き続き小・中学生・高校生等に介護・福祉等の出前講座等を積極的に実施し、その魅力を発信するとともに、将来を担える人材の確保にも努めて参ります。

3. 人材の確保・育成の取組

 2025年を見据えた滋賀の介護人材は、3,400人不足すると言われており、多くの介護現場が人材不足に直面しています。医療現場も同様に人材不足です。人材の計画的な採用と育成・定着・確保を図り、サービス提供の安定した事業継続に努めます。また、外国人労働者の確保は、多様な文化を受け入れつつ相互に個々の力を発揮しながら、信頼しあえる関係を築き一層の「力」を入れて参ります。また、人事制度の構築として、人事考課制度の本格稼働や雇用形態に関わらない公正な待遇の確保としての同一労働・同一賃金、さらには今年六月施行予定のパワハラ防止対策の法制化等への対応を進めて参ります。

4. 組織強化の取組

 青祥会の理念の実践と青祥会ケアシステムによるブランドづくりをし、魅力ある法人となるよう組織づくりに努めます。また、広報誌「かしょう(嘉祥)」により、青祥会の様々な施策や行事、取り組みを地域や事業所等に発信していきます。さらには、ITシステムを活用し事業所間連携等の強化を図り、組織体制の充実に努めるとともに、在宅部門の組織の一層の体制強化を図ります。また、業務の効率化、コンプライアンスの徹底さらには業務改善を推進し、労働時間の管理・是正、多様で柔軟な働き方改革の実現、子育てや介護等と仕事の両立ができる働きやすい職場環境づくりに努めます。

5. 経営基盤充実の取組

 事務費・事業費・光熱水費・日用品費等の一層の経費削減と各サービス部門の稼働率向上を図るなど健全経営に努め、サービス活動収支比率2%以上の確保を目指します。また、地域ニーズに適正に対応できる施設としての計画的な大規模改修等に取り組み快適な環境づくりを進めて参ります。

令和2年(2020)年1月 
社会福祉法人 青祥会
理事長 畑下 嘉之

このページの先頭へ